薄毛対策

薄毛対策とシャンプー

薄毛対策

頭皮がべったりして皮脂が過剰に付いている状態だと、いかにも薄毛に良くない感じがしますよね。とにかく皮脂が気になるたびに頻繁にシャンプーをしている方もいるようです。確かに、頭皮が清潔な状態は、雑菌が繁殖しにくい頭皮環境にするには良さそうな感じがしますよね。でも、薄毛対策を考えるなら、シャンプーは1日に1回までしかしてはいけません。1日に何度もするのは洗いすぎです。頭皮の皮脂は不愉快なものとして考えられがちですが、本当は私たちの頭皮に無くてはならないものです。

 

皮脂の主な役割は皮膚の水分の蒸発を防ぐために、油分の蓋をすることです。女性の場合は、メイクの前と夜の洗顔後に化粧水と乳液でケアを行う方が多いですよね。化粧水は肌への水分補給として使われますが、乳液は補給した水分を蒸発させないようにするために使われます。皮脂は女性の化粧品で言うと、乳液のようなものなのです。ただ、こんな皮脂にも問題があって、過剰に分泌されてしまうと毛穴詰まりを起こして髪の毛の成長を妨げる原因になります。過剰な皮脂分泌が起こる原因としては、シャンプーのしすぎが挙げられます。シャンプーをし過ぎると、肌を乾燥から守るための皮脂まで取り除いてしまうことになるのです。皮脂がなければ頭皮は無防備な状態になるので、頭皮の乾燥が進んだり乾燥に危機を感じて皮脂が過剰に分泌されたりなどのトラブルになります。

 

このようなトラブルを防ぐためには、シャンプーは1日に1回夜のみにしておくことです。「1日に1回なら朝でも良いのでは?」と思う方もいるかも知れませんね。朝はシャンプー時に失った庇護膜が形成される前に出掛けることになるので、髪の毛が痛んでしまう危険性があります。さらに、慌ただしい時間にシャンプーをすることで、洗いだけではなくすすぎまで不十分になってしまう危険性もあります。ゆとりを持ってシャンプーの出来る時間に1回だけシャンプーをすれば十分です。

 

ikumouzai