ストレス 薄毛 原因

ストレスは薄毛の原因?

ストレス,薄毛,原因

ストレスは薄毛の原因として言われるものですが、薄毛と精神疾患は大いに関係があるようですね。

今の社会状況は不安だらけで、ストレスを抱えている方が多いでしょう。
一生懸命働いても給料や評価に繋がらなかったり、残業が多くて休日が少なく勤務時間ばかりが多くなってしまったり。
若い方でも老後の生活に不安を抱えている方も少なくありません。
こんな社会によるストレスで、うつ病などの精神疾患に陥ってしまう方が増えています。
ところで、精神疾患がなぜ薄毛に関係するのでしょうか。
ストレスが過剰に溜まっていると、体が緊張して血管までが収縮してしまいます。
細くなった血管では、当然血液の流れも悪くなってしまいますよね。
精神疾患もストレスを過剰に抱えている点では、通常のストレス過剰な状態と同じです。
ただ、出来ることなら何らかの精神疾患にかかる前に何とか出来るのがベストですよね。
精神疾患になると、薬での治療が必要になることがあります。
精神疾患の薬は副作用が強いこともよく言われますよね。
一度こんな薬を使用してしまうと、二度と手離せなくなる危険性もありますよね。
こんなことになる前に、ストレスを上手く交わす力を身に付けることは重要ですね。
まずは、疲労やストレスを感じ始めたら生活リズムを見直すことです。
いつも以上に意識的に睡眠を取ることで、ストレスがすっきりすることもあるかも知れません。
なかなか寝付けないと言う方は、部屋を適温に調整してみたり、寒い時期は手足を温めるなどしても良いでしょう。

寝る30分以上前から暗い部屋で過ごすのも、就寝時間にぐっすり眠れるコツです。
この他には、休みの日は楽しく過ごすなど、オンとオフの切り替えをしっかりするのもストレスを感じにくい体質になるために必要なことです。
「休みの日も残りの仕事を。」と考える方もいるのですが、これをやってしまうと休みにはならないですよね。
週に一度は何にも考えずに一日中緊張から解放される時間を作りましょう。

 

ikumouzai