抜け毛 シャンプー

抜け毛対策のシャンプーとして使用

抜け毛対策のシャンプーとして使用するなら、当然何らかの刺激があるものはNGですよね。シャンプーを使用している時、洗い上がりなどに痒みを感じることはありませんか。あるいは、人によっては、ヒリヒリ感のある方もいるかも知れませんね。痒みもヒリヒリ感も、シャンプーが馴染んでいなくて頭皮が拒否反応を起こしていると言うことです。つまり、シャンプーが頭皮に合っていないか、すすぎもれがある証拠です。

 

抜け毛,シャンプー

シャンプーが合っていないと言うよりも、肌を刺激する成分がシャンプーに含まれていて、肌に敏感にダメージが表れてしまっているのかも知れませんね。肌を刺激する成分としては、石油系界面活性剤、シリコン、香料、着色料、防腐剤、アルコールなどの添加物があります。もちろん、中にはシャンプーの品質を保つために、どうしても配合しなければいけない添加物もあります。必要最小限の添加物は仕方が無いとして、余分な添加物が使用されているものは避けた方が良いでしょうね。例えば、香料や着色料はシャンプーとして使用する分には、特に必要が無いものですよね。抜け毛を減らすのに、シャンプーの香りや色なんてどうでも良いことですよね。ただ、最近では香料や着色料を使用せずに、天然成分で香りや色を出しているシャンプーも多いです。香りや色などにこだわるなら、こういうものを使用するのも良いかも知れませんね。

 

また、どんなに低刺激のシャンプーでも、すすぎもれは絶対にしてはいけません。すすぎもれをしても、刺激の強い成分よりは低刺激の成分の方がまだマシと言うレベルに過ぎません。すすぎもれでシャンプーの成分が残った状態では、次のシャンプー時まで残った成分が頭皮にダメージを与える危険性があります。シャンプー自体は合っていても、これが頭皮に痒みやヒリヒリ感、違和感などを与えている可能性があります。すすぎは一通りすすいだら、もう一通りすすぎ直すくらいの方が丁度良いかも知れませんね。

 

ikumouzai