脱毛症

薄毛対策とシャンプー

脱毛症

脱毛症の中でも男性にもっとも多いのが、男性型脱毛症ですよね。この脱毛症は「AGA」ともよく言い、思春期を終えた男性、20代や30代の方に多いようです。最近ではAGA専門外来も増えていますし、一般の皮膚科でもAGA治療を扱っているところが増えているようです。こんな男性型脱毛症とは、一体どのような脱毛症なのでしょうか。

 

男性ホルモンや遺伝による影響が強い脱毛症で、よく薄毛として考えられがちな老化によるものとは別物のようです。男性の体内には、「テストステロン」と言う男性ホルモンがあります。この男性ホルモン自体は頭皮や髪の毛に悪影響を与えることはなく、むしろ育毛に良いホルモンとして言われています。ところが、テストステロンが酵素「5αーリダクターゼ」と結合すると、「ジヒドロテストステロン」と言う脱毛症を引き起こす男性ホルモンに変化してしまうようです。つまり、男性型脱毛症には5αーリダクターゼが作用しやすい体質かどうか、ジヒドロテストステロンを生成しやすい体質かどうかが関係しています。なので、男性型脱毛症を進行させないようにするためには、5αーリダクターゼの働きを止めるか、ジヒドロテストステロンの生成をさせないようにすれば良いのです。

 

男性型脱毛症の治療法としては、5αーリダクターゼの働きを抑える効果が期待できる育毛剤、育毛サプリなどを使用するのが良いでしょう。具体的な成分としては、フィナステリドを主成分としたフィナステリド、医薬部外品の育毛サプリによく使われているノコギリヤシがあります。いずれも塗るタイプの育毛剤ではなく、体内に取り入れるタイプの育毛剤、育毛サプリが中心です。男性型脱毛症を治療したいとは言っても、さすがに医薬品を使用するのに抵抗がある方もいるかも知れませんね。医薬品を利用するには、医師の診察や処方も必要ですし一手間かかりますよね。このように考えると、医薬部外品の方が手軽に手に入れることが出来て扱いやすいでしょうね。

 

ikumouzai