AGA 老化 薄毛

AGAと老化が原因の薄毛

AGA,老化,薄毛

薄毛と言うと、AGAのような男性ホルモンや遺伝が原因の薄毛だけではなく、老化が原因の薄毛もあります。AGAと老化による薄毛を混同している方もいるので、今回は両方を比較して見ていきましょう。

 

まず、AGAは「男性型脱毛症」とも言って、前髪の生え際や頭頂部などから薄毛の症状が進行するものです。側頭部や後頭部などは比較的男性ホルモンの影響を受けにくいのですが、前髪の生え際や頭頂部は特に男性ホルモンの影響を受けやすい場所なのです。

 

ちなみに、男性ホルモンの影響が出るかどうかは、その人の体質、遺伝によります。若い方でも安心は出来ず、20〜30代の方に起こる若年性、40代以降の壮年性などの脱毛症があります。中には、10代後半から脱毛症状が進行する方もいるようですね。この場合は、男性ホルモンだけではなく、食生活や生活習慣も影響しているのかも知れませんね。ここで「60代以降のAGAはないの?」と疑問に思う方もいるでしょう。60代以降は男性ホルモンが脱毛症に強く働きかけるとは考えにくく、老化による薄毛である可能性が高いです。60代の方ばかりではなく、50代くらいの方でももしかしたら老化による薄毛なのかも知れませんね。もしAGAではなく老化による薄毛だとしたら、人間としてもっとも自然な薄毛なのですが、育毛対策はアンチエイジングに重点を置く必要があります。

 

育毛剤の中にはAGAに対応したものも、老化に対応したものも多くあります。また、AGAにも老化にもどちらにも、対応しているものもあります。こういう商品は、AGAか老化かどちらによる薄毛か判断できない場合に便利ですよね。特に40代後半から50代にかけての薄毛はどちらも考えられるので、判断に悩むこともあるかも知れません。でも、確実性の高い適切なケアを行うためにも、出来ることなら薄毛の原因を特定して自分に必要な役割を発揮してくれる育毛剤で効率的なケアを行うのがお勧めです。

 

ikumouzai